PERSONZのボーカルJILLのダイアリー!
COUNTDOWN カウントダウンタイマー
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
JILL'S SALON:追悼
おとといのショックなニュースから、ずっと心が落ち着かなく...つい考えてしまいます。昨日はジムに行く途中のバスの中で彼女のことを考えてたら急に悲しくなってしまい涙が出てきた...

な んでだろう...彼女とは紹介をされての面識はなく、以前、どこかのお店の化粧室で出逢ってお互い無言のまま鏡越しに見つめ合った瞬間があっただけ。その 時、思ったんだけど私も人見知りがゆえに、まったく外部のものを受け付けない初対面の自分に似てるなぁって...それから数年経った今年、子宮頸がんの啓 蒙イベントをやらせて頂いた経緯で、偶然、テレビで観た金スマの川村さんに涙しました。そしていつか...逢えればと思ったのに...そのいつかは残念な がら来なくて....私は今、猛烈に後悔しています。時間の重さ...なにがなんでもお逢いしておけば良かった...でも今は叶いません。

以前、ブログにも書きましたが、なぜか書店で呼ばれるように彼女の本に遭遇して過去に2冊購入しています。

最 初に買った1992年の「VOLUME-僕の手の中-」を読んだときは日本語と英語の両方で書かれた彼女の言葉がとても好きで、その後、何度も引っ越して は本を片付けているのに、これはずっと持っていて、今も持っています。そして2006年に文庫で出た「へルタースケルター」...これは彼女の自叙伝なの だけど、書店で偶然見つけたんです。

彼女は十歳年下で、デビューの時の背景は同じような時代だけ ど、そうかぁ、いろいろなことがあったんだなぁと読みながら思いました。特に娘さんの誕生のところでは共感して涙したり...その後の乳がんのこともあっ てショッキングな写真も掲載されていて、すごいな...パワーある女性だと心から感動しました。前向きで、でも無器用で...真っ直ぐで、自分の心を曲げ られず、デビュー後、事務所とのトラブルもあって一時は音楽と離れて、北海道で蟹工場に勤めて、その後は郵便局でも働いて自分の場所を探してた....す ごい。

私たちのデビューしたときとは違ってディレクターにひどいことを言われたり...状況は決し てよくなかったんだと思います。そして病気。お母さんも同じ病気で亡くされて、怖かったんだと思います。それでもすべてに立ち向かう力を見せてくれまし た。それが彼女の遺してくれたこと。

今日、遺作となったCD「K」と娘さんに捧げた「MY SWEET HOME」を買って来ました。本は少しだけ読んでも悲しくなる。「バタフライ」を聴くと心が張り裂けそうです。でも、その悲しみをどこかへ繋げないとやるせなくなります。

友だちにはなれなかったけど....一度も話せなかったけど...
そしてほんとうの川村さんの心は今はもうわかり得ないけど...

その生き様を強烈に焼き付けて、同じ歌を歌うものとして
私の心にすごく影響を残してくれた川村さん...
作品を通じて、私なりに、この先に繋げていく心を感じたいと思います。


JILL'S SALON:ご冥福を...
ニュースにて知りました。川村カオリさん...残念です。

あまりに早い...

今宵は幼なじみの友人と会食の約束があって出かけたんですが、
思わずふたりで川村さんの話をしました。

今日はほんとうに話し合える相手がいてよかった。
あまりにショックでニュースを聞いた時は身体が震えました。

...心からご冥福をお祈り致します。

JILL'S SALON:大野哲生ドラマ出演!
PERSONZの友人、大野哲生が今夜から始まるドラマに出ます!真夜中ね。「帝王」
非、ご覧下さいませ。




JILL'S SALON:そーみえちゃうのよねぇ...&もうすぐ発表!
同級生からの心強いコメントもあり、嬉しいっす!
同窓会の夜....ある種緊張してたんでしょうか...いくら飲んでも酔わず...明けて昨日の日曜日なんかは拍子抜けで本など読んでポケーっとしておりましたよ。あっ、もちろん選挙には行きましたよ!
 
そ うそう、語り忘れたけど、同窓会でも、そーなんだけど自分って全然〜自分が思っているようには人に伝わってないところもあって...ギャップあるわけで す。まぁ、中学時代の素の私と今もあまり変わりはないんだけどね...人から言われるほど...そーじゃないみたいなところがあってね。

有 吉佐和子の「悪女について」って小説があるんだけど主人公はまったく登場せず、彼女が死んでしまってから、まわりの人が彼女について語るみたいなストー リーが面白かったんだけど、まさにそれ!自分以外のみんなが語る自分像が驚くほど違うもんですよねぇ。たくさんの面を持っているのが人間なのかなぁ。

そ れに、私の性格上、気にしてないことはまったく忘れているんで、えっ!そんなこと覚えてなぁーい!みたいなことがたくさんあったなぁ...なかでもある同 級生男性と話していたところ..ほらさ、あれ(と、指さす方向には見知らぬ同級生が...)あいつと宮尾、つきあってたじゃん!とか言われて...なぬ! それは私自身も知らん!なんだそれ?って思って、ここまで忘れてたらかなりひどい健忘症かとさすがに悩んでたら、あとになって一緒によくいた女友だちと間 違えてると気づいて、ほっと致しました。忘れた...と言ってもそこまでは忘れませんよ、さすがに...。それとか、宮尾とは良く原宿でちょっとした悪さ をしたわぁ...とか言われて、う〜ん、全然覚えてない!と頭が真っ白になったり。幼なじみが未だに俺が初恋の相手なんだろうと...言いやがるので、な にっ言ってんだぁー!そんなわけないじゃん!とか....(絶対ありえないヤツです!)

実際、中学時代の憧れの君とは、 三次会でかなり話しましたが、俺は当時、女の子とか全然意識して無くて男同士で遊んでるのが好きだったなんて話しをして、そっかぁ...だって私はドキド キしてひと言も話せなかった...みたいな...話しもして、憧れに憧れを重ねるみたいな感じの恋だったんですね....その時は....今や、目の前の かつての憧れの君に、ちょぉ〜っと絶対ライブ来てよぉ〜!と言ったら俺は演歌とかフォークとか矢沢好きと言われて、なぬ!いいやっ!PERSONZ見れば 違うから、絶対来なさいっぃいいい!と捲し立ててねぇ。もう、淡い恋心などどこへ消えたか....みたいになっちゃいました(笑)
 
まぁ....今、考えると学生時代なんてちょっとの間、もっと自由奔放にはちゃめちゃしてたり、武勇伝でもあれば語り合えたのにな...今考えると私の中学人生はまったく地味な時代でした。

あっ、そうそう、昨夜、 布袋くん の ブログを見たら7月10日にお茶した話しが出てきますが...ははは。逞しい...そうですわね。はいはい。布袋君とはケンカしないわよん!と、いうか布 袋君がホームセンターにいたら目立つよねぇ。でも彼らしい可愛い買い物だね。麦わら帽子。夏だぁ...だけど、私こそ布袋君は大切な友人です!で....逞しいじゃなくてぇ....最近、夏仕様で腕にアナスイのお気に入りのタトゥーのシール付けてるんだけど、ジムとかでバンバンに見せているのに全然気軽に尋ねられない...うーん???

 

 
ス ワロフスキーのトゥリングをしてた時は俄然、気軽に可愛いぃ〜!とか言われたのに....むむむ。これは本物と思われてるのかしら...と、沈黙に耐えか ねて、これシールなんですよぉ...なんて思わず話してたら、やっぱ本物に見えるみたいで...私がタトゥーしてるとね。ははは。はい、今年のアナスイタ トゥー!右はネイルシール!


 
だからぁ....そーみえちゃうのよねぇ。自分の思いとは別に...
でも、ほんとの自分って自分でもすべてわかるものでしょうか....ねぇ。
 
さて! もうすぐリクエスト発表です。      
ムービーブログでお届けします。

そ んでもって、先ほどムービーを撮って来ました!今日中にはNEWSにUPされるかしら...皆さん、ほんとーにご協力ありがとうございました!私は昨夜急 に新曲のアイディアが浮かび、渡邉くんに話したところ賛同を得たのでワクワクしてます。リクエスト頂いたすべてのリスナーに感謝を込めて25周年の記念す べき新曲を作ってセルフカバーアルバムに入れないと!
頑張ります!
 
 

 
 
いやぁ、今日の青山は暑かったっす!
JILL'S SALON:空を見上げるのは...
 空を見上げるのは...
自分がちっぽけな人間だと気づくためです。
空を見上げるのは...  
とてつもなく自由になりたいときです。    
空を見上げるのは...      
自分が大きな星に乗って旅をしていると感じるときです。    
空を見上げるのは...      
胸を張っていたいからです。    

 
 
私は朝でも昼でも夜でも空を見上げることが大好きです。    
無限の宇宙に向かうように...    

 
 
大きな世界に比べればすごぉーく小さな自分。    
星の瞬きの瞬間に生きてるんだなぁ。    
でも、その一瞬は確かなものだと思いたいからです。    
     
空にはSOMETHING GREATを感じさせる神秘があります。    
ねっ!    

 

 
 
 
こんな風景を見たら涙してしまいます
 
 
 
JILL'S SALON:ありがとう!金子くん!
今日、ずっとPERSONZのサポートをしてくれていた金子くんが挨拶に来てくれました。大井くん同様、PERSONZを長い間支えてきてくれたスタッフ でした。事情あって地元に帰るとのことですが、新たなプランもあってのこと。盛大なエールを送ります。頑張れ!私たちも頑張るぞ!そして渡邉くんとの記念 写真。ふたりとも胸を張っていい感じです。



1996年の学園祭の楽屋の様子。左端が金子くん。
PCに入ってる一番古い写真かな。



金子くん、別れ際に会いに来てくれてありがとう!
またライブに遊びに来てね!
JILL'S SALON:この世の中...
昨日、東国原知事が大胆なことをおっしゃって、今日のニュースでは「つけあがるんじゃない!」とか「アホらし」とか「バカバカしい」とかのお偉方さんのコ メントが怖いなぁ....麻生首相に至っては「おちょくった気持ちで言っておられるとは思いませんけれども...」とおっしゃる。彼が今まで何回、おちょ くった発言をしているか...なんてことは忘れて....

毎回、この国の政府のお偉いおじさんたちを見ていると、かの昔、幼い頃に感じた違和感があります。選挙の時、街角やニュースなどでペコペコしてニコニコしている人が議員になったとたんマスコミに向かって横柄な言葉を吐くのを見る度にとても嫌な大人に見えたものです。

あぁ、 だけど、ずっとおじさんたちがいるのではなく、今のお偉方も昔は若かったはず。いつもそう思います。だけど政府筋の方はまるでクローン人間。世代を超えて 時空を超えて同じような人間が君臨しています。はぁ....私も同じように年を重ねて今やその大人たちと同じような世代に近づいていますが、世代の近しい お偉いさんを見て痛ましい気持ちにさえなります。彼らは若いときに夢を見なかったのでしょうか。悪い見本を見て変えようと思ってこなかったのでしょうか。 なんで今も古い世界は変わらないのか、変われないのかなぁ....と思うばかり。今の日本は確実に景気が悪いし失業率も増えるばかり。高齢化した人をケア も出来ず、年金もずさんなシステムになりつつあるとすれば、本気でこの国の「未来」を考えてしまいます。

私 は高度成長期に成長した背景があり、時代はどんどん良くなるのだと信じて疑わなかったし、テクノロジーは実際、激変して私のバンド生活を振り返ってもメ ディアやハードがどれだけチェンジしているか....伸びゆく時代はいいもんです。果てしない未来感あるし...生活もどんどん見かけは便利になる。だけ ど今の時代は不安な様子ばかりが目につきます。すべてが政治とは思わないけれど、やはり政治的責任はありますね。一見豊かな国だけどこの国は凄く貧しい心 を抱えています。

今日、頂いたリクエストメールに友人との再会がハローワークでというエピソードがありました。そして今、混沌とした状況の中を生きている中で聴きたい曲は....というリクエストでした。ありがとう。気持ちは伝わりましたよ。

海外でもブルース・スプリングスティーンが不況の世の中を考えて新作のアルバムの曲の構想を楽観的な曲は外して考えたといいます。音楽も生活と密接しているものです。だけど心が挫けそうなときほど必要となるのはそんな目に見えない支えです。

世 界各国を見てしまえば内乱や政府からの弾圧に苦しんでいる街がたくさんあります。まだ、言論の自由が許されているこの国、日本なら、熱望してプランがあれ ば首相になれてもいいじゃないですか。アメリカのオバマ大統領は彼が大統領になったことでたくさんの人に夢を与えました。言葉でなじるのは見苦しい。そん なことしている時間あるなら早くご自分のお力で日本を再生して頂きたい。

小さな力、だけど真っ当な 夢。その力が奇跡的に花開くときがあります。それは音楽の世界も同じ。資本力や目に見えない大きな力の流れ、回転し続けるサイクルの中で、なかなか小さな 力にはチャンスは訪れなくても、諦めずに真っ直ぐに、信じた音を奏でることが自分にとっては精一杯出来るリアルなことです。

少 し前に、ある男性と仕事がらみの話しをしている時に、私が現在の政治のことや世の中のシステムの矛盾みたいなことを少し話し出したら「へー、そうゆうこと も結構わかるんだねぇ....」とひと言返されて、ある種、PERSONZという枠ではなく、大きな世の中に存在している自分を考えさせられました。

女 性には政治はわからない。女の心にあるのは週刊誌的なノリや流行のことばかりとまさか思ってるんじゃないでしょうねと憤慨しながらも、そうゆう形でしか見 ない人や、なにを生意気にたかだかロックやってるってだけで意見を言ってやがんだい!と思う人もいるんでしょうね。心貧しき人間にだけはなりたくないもん です。「SINGIN'」という曲の歌詞は音楽の可能性を歌った歌詞です。

なんか、今日はこんなことを長々と書きたくなりました。
政治の世界のお偉いさんたちが吐いた言葉にえらく反応しまったからでしょうか。



自分より相手が上か下かと考えること自体、驕りです。
JILL'S SALON:今日は...
今日は布袋くんのライブを観に行きます。ツアースタート時に見たのでツアー経てバンドがどう変化しているのかがとても楽しみです。最近、自分の身近なこと に追われて見れなかった布袋くんのブログを今日久々に見ました。微笑ましい竹の子の話(これは爆笑!)...ツアー先のこどもの日の広島でのスーパーなギ ターキッズの話。休日の愛犬との一日。どれをとっても生き生きしていてまさに動いている!という数週間でした。

明日でツアーは終わってしまうけど、きっと今日も凄いことになっちゃうんだろうなぁ...と、ワクワクです!

JILL'S SALON:同じ世代に生きている
皆様...私のリクエストにも、たくさんのコメントを頂いてありがとうございます!
読むと何を歌おうかといろいろ考えます。
すごく参考になるよ!嬉しいです。

問 いかけて、すぐ声が返ってくるのってやはり今の時代のもの。そしていろいろな状況の中、私との出逢いがかかれていましたが、うん!偶然出逢えることも奇跡 ですが、このピンポイントの同じ時代に生きてLINKしていない限り現世で逢うことはありません。実際出逢うことも凄いけど、音の力に導かれて結びつくこ とがすごいよね!まずはこの時代に生きていることに祝福を!いつか必ず街角でも巡り逢いましょう!一番手っ取り早いのはライブだぞ!

あっ、 昨日は私、事情あってかなり自転車で走りました。この時、遭遇していらしゃる方はいませんよね?所要時間は、行き一時間、帰り一時間。合計二時間、自転車 こぎっぱなし!かなり遠出でしたね。いつもは車から見ていた恐竜のいる公園を通ったので途中下車でパチリ!ここはたぁーくさん大きな恐竜がいるんですよ。 ワクワク!


すごいよねぇ。子どもは喜ぶわねぇ。もち、私も。



そしてまたまた通りかかったのが鯨塚。
地面から鯨が出てきてるぅうううう!で、思わずパチリ!




この後ろには神社が...
かなり下町らしいところでした。
これじゃ、まるで「ちいさんぽ」ですわねぇ。
でも、自転車だからこそ、降りてパチリ出来るんで楽しい!
未知との出逢いでした!遭遇した方はコメントください。
(いないよねぇ...)

リクエストPERSONZ、私のいずれもお待ちしてます!
JILL'S SALON:結成の日...
ほんとはね、勉ちゃんがPERSONZに加入した正確な月日は6月21日。まぁ、さしずめPERSONZのお誕生日というところでしょうか。その日のロフトのライブから藤田勉が加入して現在の4人のPERSONZとなったわけです。

今年、25周年なので6月21日は、ぱぁーっとリスナーと共にパーティーでもしようかと思っていたら、なんと、その勉ちゃんが早稲田の講師ということで6月22日に初講義があるので、だめでしたが...どうやら彼のHPに情報が載っているらしいので、詳しく知りたい方は、どーぞ。PERSONZのオフィシャルページのLINKに入っております。よろぴく!

渡邉くんもそうだけど、教則DVDにて...えっとぉ...が圧倒的に多かった。
藤田くんのかつての「藤田勉ロックワールド」というビデオで、やたら指をいじりながら、これでもか!くらい動かしながらしゃべっておりました。

何分、プレイヤーは楽器を持って通常はステージに立つわけで、今回の勉ちゃんの講義はほんと、どーなるんでしょう。でも、だいぶ、お勉強してるみたいなんで行かれる方は是非、ご報告くださいね。コメントお待ちしております。