PERSONZのボーカルJILLのダイアリー!
COUNTDOWN カウントダウンタイマー
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
JILL'S SALON:MANIACツアー:LOFT SPECIAL
 MANIACツアー初日終了!



LOFT SPECIAL!楽しゅうございました!

上のオムライスはLOFTからの差し入れ。ごちそうさま!



始まる前は新曲と究極の旧曲が頭を駆け巡って
本番直前は緊張したけど
LIVEが始まれば...

そこはパラダイス。





1曲1曲やるごとに目の前のお客様の反応がリアルで
それこそノリノリで歌いまくっている方もいれば
ぽかぁーん...という方々...

でも全体的に皆さんが一緒に歌っている声は大きかった!
しっかり聞こえましたよ!



曲が始まるごとに...
終わるごとに...

おぉおおおう!という感嘆の声があがり
LOFTは雰囲気も興奮度もMAX。

楽しかったぁ...

会場でも申しましたが
今回はSET LISTをライブごとに公開します。
各地違うメニューでやるので...

昨夜はこのように...


MANIACツアー: LOFT SPECIAL

01 C'MON TONIGHT
02 LET'S PARTY
03 HOLLYWOOD MOVIE STAR
04 BURNIN' WITH LOVE
05 PARADE
06 RomanesqueHeartache
07 NEW GENERATION 
08 風だけだ聞いていた
09 AND I LOVE YOU SO 春夏秋冬
10 GENERATION X
11 TIME TRAVELER
12 IT'S TOO LATE
13 LOVE IN THE DRAKNESS
14 PARADAISE
15 FREEDOM
ENCORE01
16 GLITTER GIRL
17 BREAK THE NIGHT
18 TV AGE
ENCORE02
19 DEAR FRIENDS
EXTRA ENCORE
20 MODERN BOOGIE





(会場に展示された衣装たち...)


それでは次のライブは
11月12日の熊谷からの7DAYS SPECIALで!

これからの7DAYSはMANIA曲を
事前にこのブログでお伝えしていきます。

次の公開は次回のリハ後ね!
たぶん11月7日からなのでその辺はこのブログ必見ですよ!
またメニューでいろいろ考えるんだろうなぁ...
だってMANIA曲まだまだいっぱいあるんだもの。

どんな曲が各地で演奏されていくのか
楽しんでね!

あ、嬉しいお知らせです!


熊谷はついに

SOLD OUTに

なったらしいよっ!

JILL'S SALON:今年25回目の大阪のライブ!無事終了!
終わりましたぁぁあああああ!
大阪KING COBRA。ワイルドな小屋だったねぇ。
でも、すごく楽しかった!
来て下さったPERSONZリスナーの皆さん、松井さんのリスナーの皆さん。
楽しかったよね!ありがとうございました。

今年最後のライブ、記念すべき25本目のライブ。
最後は感極まりました。

さぁ、画像を!
まずは東京のライブ!
これは松井さんのライブのアンコールのセッション風景。
スージー・クワトロのTHE WILD ONE。
DREAMIN'  NO,NEW YORK(この曲は本田くんも参加)





暑かったっ!

翌日は大阪!
はい。到着。



リハの藤田&渡邉くん。





そして本番!



はい。セッション。



KINGCOBRAの隣の美味しいたこ焼き。
途中、本田くんが超旨い!というので
藤田くんが楽屋の秘密の抜け道から買いに行ってくれました。
ポン酢ネギさいこー!



お疲れ様!の打ち上げ!



下は12月25日にお誕生日だった
松井さんバンドのドラマー!なおきくんのバースディーケーキお祝いの図。


そして12月31日にお誕生日の本田くんにもケーキを頂きました。
松井さんのスタッフの方々の気づかいに心から感謝いたします。




あぁ、なんて楽しいライブだったでしょう。
セッションもとても盛り上がりました。
今年最後に良いライブが出来て素晴らしい思い出になりました。

さぁ、来年に向かって突き進みましょう!

皆さん、ほんとうに今年1年、そして25年間応援してくださって
ありがとうございます。
来年は19枚目のアルバム。
なんとしても最高傑作にしたいです。

良いお年を!
KINGCOBRAのWILDな楽屋にて。
なんかパンキッシュな写真でしょ?



大阪に到着して、お店の前で
プレゼントをたくさん頂きました。
中でも一目惚れしたのがこれ。
神戸のリスナーの方。
ありがとー!

渋谷でお友だちに生地をお友だちに買って
送って貰って大急ぎで創ってくれたそうです。

ずっとずっと大切にします。
以前頂いた、また違う方からの同じ生地のポーチと共に
手作りのプレゼント....
大好きなマリア様とエンジェルの生地のオリジナル作品。
大切に大切に使わせて頂きます。
感激しました。
ありがとう!
お店の前で待っていて下さった方々も
心から感謝いたします。





とりあえず、さっき大阪から戻ったばかりのUPです。
またライブのことや松井さんとのエピソードはあとで。
まずは、急いでライブ後の興奮をお伝えしたかった!
それでは!!!

JILL'S SALON:明日は今年24回目のライブ
明日、渋谷CYCLONEですね!
小さい小屋らしいのでスタンディングで燃えましょうね。

さて、昨夜、ここまでのライブを数えてみたら...ツアーが春と秋に2本と
イベント...1月の私のBIRTHDAY EVEと4月のチャリティーライブ2本を
合わせると明日で24回目!最後があさっての大阪で25本!!
25周年でいい感じですね。

今年は後半、精神的につらいこともありました。
それはまだ続いていて、もっともっと精神的に強くならなければ!と
思うばかりです。

思ってもみなかったカバー制作をして
そこに伴ういろいろな出来事がたくさんあって...
中には今までPERSONZを見向きもしなかった人たちまでが
このアルバムについて語っているのを聞いたり。
うーん。でもね、カバーっていうか
歌いたい曲というのはなにもボーダーはないわけです。
私の歌も年月を重ねれば変わって行きます。
変わらない方が変だよね。人間だもの。

まわりでどう思われようと....
PERSONZの作品にはすべてに対して誇りをもっています。
そして無器用かもしれないけど私の歌への、
そしてROCKへの思いは変わりません。

今年、ちゃんとライブを見てくれて体現してくれた人たちは
きっとわかってくれますよね。

歌は本来、楽しんで歌うもの。
人になにを言われようと信じた道を行くまでです。

明日、あさっては松井さんとご一緒。
リハーサルでもほんとに気づかいの方で
一緒にいると心優しくなります。

人との出逢いも、また、今年の糧。
清々しい気持ちで明日あさっては
ソングリストもストレートなんな曲が多いので
パンキッシュにワイルドにライブしてみたいです。

いつでも凛として
誇りを持って上を向いて行こう!


JILL'S SALON:師走だなぁ...来年こそはと思う気持ち...
昨日、エンジェルかとちゃんのマッサージを受けたんですけど...

気がつけば...1129のライブ後...お初のマッサージでした。
だって、あっ!と言う間に月日は過ぎて...12月も中旬ですものぉおお。

しかし...毎年、年末になると来年はどどんな年かなぁ...と思うことありますね。

でも、大晦日と元旦は、通常、日々の生活の中で言えば
今日が終わり明日になるという単純な繰り返しなんですけれど....

やはりそこには、振り返れば身近に過ごしてきた昨年があり
目前にはまだ見ぬ未来...来年という時間が漠然とあって
いずれにせよ、一年というずっしりとした重みがあります。

子どもが生まれる前は、年末になれば、占いなどを見て、うふふ!とか
えー!とかいちいち一喜一憂という感じで言ってたんですけど....
子育てに追われる日々の中では、まったくそんな暇もなく...
そのうち、年を重ねると、そうそう現実って変わりないんだなぁ...
なんて思うこともあり、占いもあまり見なくなりました。

だけど、去年からはバリバリ見てるなぁ...(笑)

十年周期という言い方がありますが
私は特に十年という節目に自分の人生が転がります。

なんか、あまり人生のバイオリズムというような
大きな世界でのことはよくわからないけど
そんな十年周期の波動やうねりがあるのは確か...

だけど、どんな時でも未来を思い描くのはいいこと。
特に良い夢を見ようとすることっていいことです。
来年は良い年になるぞぉおおおお!と
ひたすら思い込むのもいいこと。

まぁ...一足飛びには奇跡はそう起こるはずはないけれど...
何年も積み重ねてきた成果はいつかでるもの。
そう、きっと努力はいつか花開くものです。

振り返れば、今年は...なぁーんて思いながら
今年のダイアリーやカレンダーやブログを見れば
....驚きますね。

えぇー、これも今年だったのか!なんてことが続出。
今年は特にツアーが2回もあったので
よくやったなぁ...と思います。
そりゃぁ、時の過ぎゆくスピードは確かに早かったわ...と感慨深いです。

一年の締めくくりに、来年は...と思い描くのも楽しいこと。

今年を振り返れば...
大きな目標みたいなものは昨年の暮れに思わなかったけど
25周年なのでとにかく!たくさんライブをやろう!
と思った「夢」は叶いました。

それと怪我や病気や事故などもなく
健康に一年過ごせたのが何より。

年の終わりに、なにか来年に向けて
目標を持つということは大切ですね。

ちらっと見た占いがよければ信じてしまうのも手ですね。
良い暗示は良い出来事を引き寄せるかもしれません。

さぁ、これから、また新しいPCの調整に戻ります。

今のところ、快調!
今度のiMacはワイヤレスなんで
キーボードもマウスもすっきりしていてGOOOOOD!

もうすぐ古いPCからのデータの移しも終えて
TIMETRAVELERとツアーを振り返るMAGAZINE制作に入りますね。
待っててちょ!
それでは....

あっ、年末のライブもカバーセッションしますけど
1月23日にもロフトでますよ。
どんな曲をやりましょう...

リクエストあったらよろぴく!






JILL'S SALON:雨の武道館...
昨夜は本田くんのお誘いでGLAYのライブを観に行きました。



雨で無茶苦茶寒い!が、武道館の中はHOT!
2Fの一番前の席をご用意して頂いて観させて頂きました。
会場はほぼ女子パワー!

私たちの後ろの女の子たちの様子が初々しい...
灯りが消えると...
「マジ?ちょー緊張してきたぁ...」
「わぁー!HISASHI! HISASHI! HISASHIィイイイ〜〜〜!」
その後は、バシバシと私と渡邉くんと本田くんの頭上で
盛り上がっておりました(笑)

私もたぶん、今までに観たライブ中、一番女子率の
多いライブだったなぁ....
どよめきも「うぉー!」という感じじゃなく
「キャー!」です。95%くらい...
私たちのライブは男女半々ですからね。

ライブは良かったですよ。
約3時間の長丁場ながらTERUくんの声も良く通っていました。
メンバーそれぞれのMCも笑わせて頂きました。
グッズのTシャツをアピールするところも好感度UP。

それにしても演奏する彼らにはやっぱバンドの良さがある。
それぞれに微妙に絡んで合致してこそ
バンドとして存在している安心感がありました。

15周年とのこと。おめでとうございます。
結成は22年らしいですね。

バンドはどのバンドも継続は大変なこと。
TAKUROくんがGLAYのリーダーさんらしいですが
一度、渡邉くんとじっくり話したら面白そうですね。
バンドのメンバーが実質的にバンドを動かしていく
リーダーになるのはとても大変なこと。
アイディアも企画も対外的にもリーダーという役割は
すべてを背負って進まなければなりません。
メンバーの一番最後にステージで深々と頭を下げて去った
TAKUROくんの姿を見て感慨深いものがありました。

昨夜は楽屋で函館のお礼をHISASHIくんに伝えて
JIROくんとも初ご対面。
あまり長くは話せませんでしたが
バックステージでも彼らはとても雰囲気がいい。
是非、今度機会あればバンドトーク、話してみたいですね。

どんなバンドもそれぞれの個性があって
存在しているので比較は出来ませんが
数十年バンドで活動をすることは...
素晴らしいこと。
続けるからこそバンドで出来ることもあります。

PERSONZも武道館....また、やりたいな。
やはり武道館は特別ですね。
やっている側も観ている側も気持ちいいんです。
大きなホールの中では別格です。
数年先に目標をおいて...
必ず。必ず。叶えたい夢です。
だけど、今は、この夢は私の中では
FUTURE STARのようにひとりだけのもの...
やがては花咲く夢になると信じて努力します。

そんな思いをそっと抱えて...
昨夜は雨の武道館を後にしました。

あとは本田くんと渡邉くんと娘と4人で
渇いた喉を潤しながら乾杯!(約一名コーラ)
お疲れ様でしたぁ。
本田くん、良いライブに誘ってくれてありがと!
JILL"S SALON:ありがとー!第三弾 APPLAUSE...
O-EASTの拍手...
アンコールでのMCの合間に
突然来た波のような皆さんからの拍手...
しかも2回も...

「SINGIN'」前のMCの前で一生懸命PERSONZの
状況や音楽のことを伝えようとしていたら...
ふとした間合いで自然にあふれるような拍手が
ステージに降り注ぎました。

ステキだった!

25年やっていてあのような拍手を
しかも2度も同じ日に貰うとは...
PERSONZのライブの歴史の中においても
初めてのことでした。

昨夜、ライブの記録用の映像をZOOMさんから送って頂いた
Q3 Handy Video Recorderで録画していたので
全編を見直してみました。
凄かった!
演奏も良かったけど、なによりもリスナーの思いが
伝わって来た拍手喝采に鳥肌がたちました...

THUNDEROUS APPLAUSE...
割れるような拍手...というのだそうです...

ありがとー!

ひとりの時....あの「音」とライブの余韻をふと思い出します。
感謝...のひと言です。
またライブにすぐにでも戻りたい...そう心から思います。


さぁ、寝よう...
明けて今日はプレイヤーの取材です。
PERSONZ4人と松井常松さんの対談取材。
面白そうです...また掲載日が決まればお知らせしますね!
おやすみなさい。
あたたかいコメントもありがとう!

次のブログはアンコールでのハプニングをお伝えしましょう...
JILL"S SALON:ありがとー!第二弾!
たぁーくさんのコメント、ありがとー!
皆さんのライブで感じた心がヒシヒシと伝わってきます。

YouTubeにはUPされていましたね!

だけど当日DVDを来てくれた方に
プレゼントされたということは何よりのこと。
その日におうちに持って帰ってDVDを見た方々の
笑顔をコメントから想像すると心が温かくなります。

1129の夜...私はライブ後の打ち上げを終えて
帰宅後、朝方4時過ぎに寝たけれど
意外にも打ち上げでみんなと話しまくっていたので
お酒もあまり飲んでなくて、翌日はすっきり爽やかに
9時くらいには起きれました。

だけど外を見れば冬の空。寒い!
身体はやっぱり溜まった疲れと
10cmヒールのジャンプ続出で
右足の親指が痛くて....なんかなぁ...と...
こりゃ温泉日和だなぁ...と思っていたら...
どんどん温泉!行きたい!という衝動にかられて
思わず箱根にでも行こうと考えましたが...
時すでに午後3時...

時間的に遠出は無理そうなので
都内にある温泉に速攻で1泊してきました。
部屋には露天風呂ジャクジーがあったので
月を見ながらポォー。

数回、温泉に入っていたら
やはり温泉効果!足の痛みはすっかり消えました。ほっ。
ほんと、温泉に行く前は足を引きずっていたくらいだったんで...

やっぱ温泉よねぇ。
また本格的な温泉は12月中旬にでも行くとして
とりあえずの息抜きが出来ました!

ここまでハードなスケジュールに耐えた
自分の身体にも感謝!

実は北海道を終えてからO-EASTまで
喉が風邪っぽくて痛んだりして
薬を飲んだり病院に行ったりで
随分休んでいたんですが
いまだ咳などが出ていまいち苦しいんです。
熱は出なかったんですが...
今や渡邉くんも同じ症状で
コッホコッホと渇いた咳が出ています。
こじらせないように気をつけないとね。
年末もライブあるし...
ここ数日はゆっくり休養をとります。


さぁ、ライブを再度、振り返りましょう。
今回はご縁あって取材時に出逢った
大泉美佳さんというフォトグラファーさんと
今年再度取材で再会して
彼女の人柄と写真がとても好きだったので
取材の時に直々に頼んで今回初めてライブを撮って頂いたんです!

彼女から写真を数枚、特急で送って貰ったので
公開しますね!

1129、午後1時。O-EAST到着の図...



楽屋にて...iTouchを聴いてます...



そして写真の続き...リハの最後にSEの映像を見る私...



ライブ、スタート!
私のジャケットには今回の25周年のデザインの元になった
王冠のバックルが...ほらブログの上の4人の写真のバックに
映ってるでしょ?
これ素敵なんだけど、とても重いんです。





下はオープニングで使った私のシルクハット。
まわりにはバックルの王冠とお揃いのベルトを巻いたので
とても重かった...




まだまだ写真はありますがPtoPに掲載するために
今は公開を控えます。
あとはオフィシャルサイトの25周年記念ページに
特集を組むかなぁ。


それと、たくさんのお花をありがとー!
(注!:この下のお花の写真は大泉さんではなく素人の私の写真です)

黛君と勝君、TRFのYU-KIちゃん、中村、早川さん。



氷室君からのお花は一番右側...
お花が大きくてプレートが写っていなかったので...
のちほどパチリ。



ジムの先生からも....これも大きくて全体が写ってないぃいい。



布袋君からも...素敵なBOX入りは
昔から変わらない彼の美しいセンスです...
ありがとー!





他にも片木さん、粕谷さん、花束をありがとうございました。
あと大分の植村さんもありがとうございます!
一中同級生!からも!ありがとー!
もちろんリスナーの方々からもたくさんたくさん頂きました。
只今、我が家はお花であふれています。
心地良いお花の香りが心を癒してくれています。


最後に...親バカなんですが...

打ち上げ会場で私たちは全然しらなかったんですけれど
娘が私たちにナイショで自分でためたお金を出して
記念のケーキをオーダーしていてくれたんです。
テツがこのことを打ち上げも盛り上がった頃に
紹介してくれて彼女のオーダーしたケーキが
運ばれて来たときは涙しました。



いつの間にこんなに成長したのかと...
最初はお店にお小遣い全部と言って
SPECIALケーキを作って貰おうとしていたらしのですが
さすがにテツがアドバイスして
半分の予算でオーダーしたみたいです。

一方、友人の熊王さんご一家からも
大きなオーダーケーキを頂きました!
ありがとうございました!
打ち上げではそちらをみんなで美味しく頂きました。
写真はまた後日!


さてさて...私はブログには娘の名前を書きません。
写真も出しません。
赤ちゃんの時は名前も出していましたし
昔を振り返る時には幼い頃の写真は出したりもしますが...

今現在は彼女にも彼女の人生があるので
私のブログの中でごちゃ混ぜにしたくないので載せていません。
コメントも実名があると載せたりはしないので...すみません。
そんな訳で、子どものことはプライベートなこと...
必要なときくらいしか書かないでいましたが...

このツアー...
ほんとうに彼女も頑張ってくれました。
子どもながらにちゃんとツアーのメンバーです。

1999年、1歳3ヶ月で彼女をツアーに連れて出て...
名古屋のイベントや12月の東名阪のツアーをしましたが...

思い返せば...あの頃はトランクの中はオムツで一杯。
ライブでクタクタになりながらも
部屋に帰って子どものケアが最優先で
子どもをお風呂に入れて寝させてから
自分がやっと...という日々でした。

でも、なんだか一度もつらいと思ったことはなく
一家で動くということで渡邉くんの手伝いもあって
安心していました。まさに心の支え。
歌を唄うことが優しく、そして思いが深くなったのも
子どもを育てている中で自分も成長したからだと思います。
まさに「夢の咲く花」...

働くお母さん方もPERSONZのリスナーの中には
たぁーくさんいると思いますが
手がかかるのは本当に小さな頃だけ...
あっという間に子どもは大きくなってしまいますね。

ちょっと昔を振り返ると
今や逞しくツアーに付いてきてくれる子どもを見て
ちょっとオーダしみじみしてしまいました...

下記は懐かしの1999年名古屋ボトムラインの様子...
たまたま、めずらしくママぁーとステージに上がって来て
泣いちゃいそうだったので
抱っこしてリハしてましたね(笑)




PERSONZのリスナーの皆さんは彼女のことを
遠くから温かく見守って下さっているので助かります。


ライブ後も心から楽しめた素晴らしい夜でした。

また大泉さんから写真が届いたら
打ち上げ写真もちらっと公開しますね!




JILL"S SALON:ありがとー!まずはDVD!
 PERSONS to PERSONZ TOUR...無事終了!
参加してくれたリスナーの皆さん、ありがとー!
昨夜、来てくれた方々にプレゼントされた
オープニングの「MIDNIGHT TEENAGE SHUFFLE」のDVD
いかがでしたか?

私たちも打ち上げ会場で観ました!
凄い臨場感!&スイッチング!
素晴らしい映像です。

誰か早くYouTubeにUPして報告してくださーい。
なるべくたくさんの人に
PERSONZのライブを観て欲しいです。

まずは昨夜の映像をデジカメで撮った写真を
超速でUPしておきますね。

楽しかったぞぉ!第一弾です。



すんませーん!山田監督、頑張った!
だけどPERSONS to PERSONZ、だけ間違えちゃった。
許して!昨日の働きっぷりからしたら
なんの!なんの!NO PROBLEMです!

ほら、みんな盛り上がったね=!













YEAH!!!!!
JILL"S SALON:プレミアムプレゼントは映像です!
おっとと、皆さんにうまく伝わっていないようすので...
再度...

えぇっー!なんと全員に!!!!
2009年11月29日のO-EASTにご来場なさった方々 全員 に!
当日のライブのオープニングナンバーの一曲を 映像 で!
ライブ終了後にプレゼント!

なんですよぉおおおおおおおお!
ダウンロードでもなく、その日にメディアでお持ち帰り!の予定です。

山田監督、頑張る!
JILL"S SALON:感謝の心...
ここ数日、大事を取って....
なにがなんでもおうちに引きこもっております。

どーしても29日はベストコンディションで望まなければ
こんなにたくさんのPERSONZリスナーから
大声援を送って頂いているのに申し訳ない!ということで...
必要最低な時しか外出しない!なによりも体力温存優先です。
ここで風邪など絶対ひいちゃいられないし
旅の疲れも出やすい現在...
ちと、大袈裟かな....と思うくらい万全の体制でおりす。

なんかね、毎日、今日を越せばあと何日!と言って
過ごしているので、まるで修行状態のようです。

こんな時だから、引きこもって集中して読もう!と
購入した本は飛ぶようにじゃんじゃん読んじゃいました。
残りあと一冊!
なぜか旅から戻ったら無性に小池真理子さんが読みたくなって
数冊大人買い。すでに2日で4冊読んじゃいました。

そんな中、昨日、久々に時間的にも精神的にも少し
余裕が出来たので旧友にメールしました。
ツアーで忙しくてね、メールもなかなか書けない状態だったので...
BOØWY meets PERSONZを一番聴いて欲しかった人です。
楽しんで聴いてくれたそうです。
長い月日の間、幾度となく私を...そしてPERSONZを
助けて支えてくれた盟友です。
彼とメールで対話して
なによりも心が温まりました。
それはまるでいろいろな思いが
ハラハラと舞って解けていくようでした...

そう、PERSONZのリスナーに感謝すると共に、この25年...
たくさんの人に出逢って、支えられて、友好を深め
ほんとうに自分たちだけではない力...
目に見えない力に守られながら
生かされてきたと感じます。

昔は時間の推移が早過ぎて
なかなか目の前のことのひとつひとつが腑に落ちず
自分以外はなにもかもが頼りなく見えて
どうして自分たちがこんなに頑張っているのに
なぜ?この思いが、すぐ側にいる人たちに伝わらないのか...と
何度も何度も思い悩むジレンマの中
自問自答を重ねたこともありました。

でも、今はまったく受け止め方が違います。
自分たちの自立を中心に、まわりの状況をちゃんと
受け止められるようになりました。

自分たちは自らの力だけで
この25年を生きてきたわけではない
....と、心から思います。

出逢いがあり、別れがあり、尊さを知り、切なさも学び
時には一緒に分かち合いながら...
泣きながら笑いながら月日を越え...
時にはそっと影に隠れて見えないけれどしっかりと
私たちを支えてくれた確かなたくさんの力がありました。

友人の存在は、ほんとにほんとぉーに大切な存在です。
最近、友人になった方々ももちろんですが
運命としか言いようのない出逢いをした数十年前の
当時のバンド仲間とは、それはそれは長い年月を経て
共有していることがたくさんあります。
そして、その思いは今でもつながっている
大切な自分の最初の夢へのルーツを辿れる軌跡なのです。

こんな感情がDEAR FRIENDSには
織り込まれて歌われています。

感謝の心をいつの日も決して忘れてはいけませんね。
たまに自分を苛むように
近づく悪魔の声に耳を貸さずに
側にある心を信じ抜くことも忘れてはいけません。



私は本番直前に
楽屋でひとりで願いを込める時間が大好きです。

会場の中はすでにPERSONZのリスナーの情熱に埋めつくされ...
ざわめきは一体化したPERSONZコールで満ちあふれていて...
それは感情に伝わって聞こえてきて高揚するけれど
相反して....しんっと静まりかえった楽屋に自分がいて
冷静に一気にステージに向かって行く瞬間...

エナジーと光りが融合して満ちあふれるスタートです。

O-EASTの幕開けは長いツアーが
無事やり遂げられる瞬間の幕開けとなるでしょう。

...過去、一度も今までにはそんなシーンはなかったけれど...
怪我もなく、病気もなく、事故もなく
メンバーもスタッフも一緒に
ツアーをやり遂げられることに
心から感謝してメンバーと手を取り合って
目に見えない力に大きく祈ってから
ステージに出ようと...初めて思っています。

そのライブのオープニングとなる
スタートの瞬間を山田監督が映像に焼き付けて
それを皆さんに持って帰って貰う...

なんて素晴らしい思い出の共有なのでしょう...