PERSONZのボーカルJILLのダイアリー!
COUNTDOWN カウントダウンタイマー
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< JILL'S SALON:ドキュメントDVD[MOMENTS 2]は70分超え!大作!番外編 | main | JILL'S SALON:ドキュメントDVD[MOMENTS 2]は70分超え!大作!その06 >>
JILL'S SALON:ドキュメントDVD[MOMENTS 2]は70分超え!大作!そのO5
本日は高知です。


高 知は亡くなったPtoP会員の方のおうちに行った場面が出てきます。このメンバーさんは2006年3月に亡くなられたんですが4月くらいに彼の彼女さんが 彼のご家族に頼まれてPtoPに事情を書いたメールを送って下さって、会員の退会をお申し出になったことがきっかけでご家族とのご縁がはじまりました。 2006年といえば1月に布袋君がロフトのゲストで出てくれた時で、彼もそれを楽しく見ていたそうです。その後、5月にはpremiere showとい うことで渋谷DUOを2daysすることになっていた年の前半です。



3 月になくなられた彼は、渋谷のduoのチケットをPtoPの優先販売で取っていてとても楽しみになさっていたということでした。ただ、急に容体が悪くな り、3月に亡くなられてしまったそうです。彼は彼女には内緒で2枚チケットを取られていたんですよね。きっと彼女を驚かせようと思っていたらしいです。そ のチケットのことをご連絡するのに彼女さんとメールでやりとりして、その後、DUOには彼女が来るということでチケットはキャンセルしないこととなりまし た。もちろんとなりの席は彼の席です。

その翌年、ちょうど1月にイベントの依頼があっって数年ぶり に高知に行くことが決まり、私と渡邉くんは彼女に連絡を取って、ご家族に連絡をして頂いて、リハ前にお花を持って彼のご実家を訪れました。御霊前に彼が見 ることの出来なかったライブ「UNPLUGGED BEST」を届け、お焼香をさせて頂きました。彼は本田くんのギターが大好きだったらしくお部屋に通し て頂いたんですが、生前使っていたままになっていてギターがたくさん置いてありました。そして彼が置いたのでしょう。譜面台に「BE HAPPY」の楽譜 が開いてあって胸が締め付けられました。

今回、再度高知に行くということで、再度、彼のご実家を訪れました。



まだ変わらず「BE HAPPY」は開かれたままでした。
O-EASTでは彼女さんが来てくれて、亡くなる前にギターを弾いている彼の携帯に残っていた動画を持ってきて見せてくれました。本田君もその動画を見るシーンもドキュメンタリーに出てきます。

PERSONZを心の支えにしてくれているご家族。
PERSONZの音楽がこんな風に受け止められているんだという場面を見て下さいね。

他にも神戸ではまるさんというリスナーさんが出演してくれています。
彼は車椅子でいつもライブに参加して下さっていますが長い長い時代を共有してきたリスナーさんです。PERSONZの音楽が彼にとってどんななのかをインタビューしてあります。彼の開いたカフェにお邪魔した前回のツアーの時の様子も出てきます。
COMMENT