PERSONZのボーカルJILLのダイアリー!
COUNTDOWN カウントダウンタイマー
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< さむーい! | main | jinglebell...jinglebell...鈴が鳴るぅ〜! >>
今日は...
今日は...というか、最近は....まぁー一日が早いこと!
特に午前中なんて朝6時半に起きていても早いこと、早いこと。

そう、今日も一日、Tシャツの制作業務の最終段階の連絡のやりとりで
一日が過ぎていきました。
それと、毎日UPを心に決めているのに、写真撮影がついて行かないぞー!と

今日は下記の話題でNYの写真...



ここはお台場じゃないぞーということで
下は携帯で撮った現在のお台場での写真の合成だ=(うー苦肉の策っす!)

それにデジカメを買い換えようと思っているのに、なかなか外出ができないのよぉ。

私には心に決めたデジカメがあるのに
キムタク宣伝のデジカメがいいーんじゃない?っていう家人もいるし。
機種もいまいちまとまらない....うぅーーーーー<

...なのでじゃないけど、今日の話題はアメリカ。
ニュースで見たオバマとクリントンの争いに興味津々。
もぉーどちらにしても、このふたりのうちのどちらかが大統領になったら
アメリカじゃかなり異例じゃない。特にオバマ上院議員なんてキャラクターが良すぎ。

私が大統領になったらイラク戦争を止めて兵士を家に帰す!というところなんて
もう、絶対、将来的に暗殺されてしまいそう...と逆に眩しいくらいの人柄に
心配してしまう私です。

だって、歴史は語るけど、いずれにしても新しい力が台頭するときは危険も伴うわけで...
「24」などのドラマの見過ぎもあるけど、いろいろと考えてしまいます
(考えてもアメリカは巨大すぎてわからないけど)

でも、もしかしたらアメリカが変わることってあるんでしょうか。
SFじゃないけど..

変わるとしたらサイバーテロで電磁波爆弾で
すべてのデータがぶっ飛んじゃやった時なのではないかなんてことも空想してしまう私。

世界で一番貧乏な国となることがほんとうに将来的にあるかもしれない。
突飛だけど今の世の中、ないとも言えないでしょ。

それにしてもオバマ上院議員は私と同年代。凄いよね。
これで大統領になったら
奇跡が起きて世界がもしかしたらさっきの悪い想像より遙かに良くなるかもしれない。
そうなったら、今日も悲惨な事件があったけど銃も規制される日が来るのかもしれない...ね。

ほんとに、どこかの国でも役人や政治家は汚職だらけのニュースばかり...
そして、おまけに責任逃れを続けてるわけで...
毎日のように見るニュースで社保庁の年金問題の件や厚生労働省のC型肝炎問題も
ほんと怒りばかりだけど.....

なんで、こんなの作らなくちゃいけないのぉ???というバカ丸出しのマニュアルビデオを
本気で制作したあげくの防衛省のゴルフ接待事件なんかを....見てると
この国の将来に希望が持てなくなるよね。でも望みは持たないとね。

もっと勉強しようっと!たくさん考えるとやる気なくなるけどね。
まずは知ることから始めなければ!
....それでは....勉強はしたいけど.....今日は疲れ果てたので、まずはおやすみなさい。
心身ともに休めることはないより必要ですわね。
明日はどんな写真が飛び出すやら...????
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK