PERSONZのボーカルJILLのダイアリー!
COUNTDOWN カウントダウンタイマー
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
JILL'S SALON:ドキュメントDVD[MOMENTS 2]は70分超え!大作!
ひゃっほぉー!お知らせです。
O-EASTのDVDは全曲だから2時間ちょいの大作ですよね。

そして!
なんと!
これが!

ドキュメントDVD[MOMENTS 2]の方も70分を超える!
これまた大作なんです!

今日はPtoPの方のマガジン、松山、高知のUP日なんで
合わせてドキュメントDVDのダイジェスト写真を制作してみました。



写真枚数72枚...ツアーに行った全カ所出てくるので
写真を抜粋しようとしても大変なもんです。
すべてはDVDからのお写真です。

これでは豆粒ですかねぇ...見えますかぁ?

でも会員さんのページには少し大きく載せました。サービス!
ブログも今日からよりすぐりの写真を
取り上げて大きくしてみましょうか。



ドキュメントのはじまり〜はじまり〜!



やっぱMOMENTSなんだから走らなくちゃ!



最初は豊橋からですわねぇ...
ドキュメントではどんな場面が飛び出すやら...
あっ、藤田君がフライヤー持って(本田&渡邉氏の...)
喜んでましたねぇ...



明日からも、ドキュメントのご説明を写真を交えて致しますわね!



ちゃお!
JILL'S SALON:コメントが...&DVD!やっぱ、かなりイイよぉう!
なんだか数日コメントが滞っていたようで...すみません。書き込んでくださった方々...申し訳ない!こちらにも届いていなくて本日、どどどぉーっと届 きました。早速UP致しました!ユキもごめんね!素晴らしいコメント書いてくれたのに...ほんと摩訶不思議です...いたずらか...ありえる!

そぉーんな訳で、渡邉くんからも伝言で「MOMENTS 2」のドキュメントの仕上がりがすごくいいから是非、ブログで宣伝しておいてね!とのことで、了解!少々、お見せしましょう。Trailerとはまた違って更に期待が盛り上がるかも!

これは本編の映像だけど、各地のツアーの様子が流れます...
今日は豊橋と高知と渋谷...













ドキュメントは感動するよ。
一緒にツアーしてる気分になるよ。
メンバーのオフもいっぱぁーい!
ライブに参加してくれたリスナーもたくさん映ってるよ!

期待しててね!



そ れとチャリティライブの反響やアンケートを主催者のキャンサーネットジャパンの柳澤さんが伝えてくださいましたがが「知らなかったことを知れてよかっ た!」「参加できて何よりでした!」「身近でJILLさんと話せてよかった!」「PERSONZを見れて話しを聞けて感動した。」等...確かな手ごたえ がありました。

すでに次回のミィーティングをしたいとお申し出もあり、次回はもう少し私たちも入り込んで企画から参加して、ライブフィーも少し安くして皆さんがもっと参加できる方法を考えたいと思います。改めて、最初のチャリティライブに参加してくださった方々に心から感謝致します。


JILL'S SALON:PtoP MAGAZINE UP!&DVD:25th ANNIVERSARY GOLD詳細!
はろぉう!皆さん。
これが 25th ANNIVERSARY GOLジャケットざんす!



リリースは5月1日。一般受付オーダーは5月1日から受けます。
(この商品はNET ONLY商品です)
PtoP先行販売は本日UPしましたが4月20日から販売を始めます。
PtoP販売商品は5月1日が配送予定日です。

内容がこれまたすごいよぉー。嬉しい予定変更で...
DVD収録曲はO-EASTの曲、全曲!わぁおう!
CDの方はセレクト曲ですが、DVDの方は全部だもの!すんごいでしょ?
それとドキュメントDVDMOMENTS 2 はツアーを全カ所追いかけたもの。
楽しみにしていて下さい。

PtoP MAGAZINE もUPしました!
数回にわけてUPします。
よろぴく!

JILL'S SALON: trailerどう?
皆さん、DVD「GOLD」のtrailerいかが?ライブDVD、ライブCD、ドキュメンタリーDVD!の豪華3枚組ですからねぇ。期待してくださいね!

さぁ、今日はジムで2クラス&腹筋コース。はりきってやってきました。お天気も良いし暖かだし自転車乗っても気持ち良いし...やはり春はよござんすねぇ。桜はもう花吹雪状態です。あぁ、儚い....
JILL'S SALON: DVD「GOLD」trailer
追記で〜〜〜〜す!2009年3月1日のライブを収録したDVD[25TH ANNIVERSARY:GOLD]のtrailerをUPしました!見て下さいね!今回のツアーをドキュメント収録した「MOMENTS2」付きですよ!!この走る車の映像、シビレますね!詳細はPtoPで発表してからお知らせします。
JILL'S SALON: 素晴らしいストーリー!
我が家のブラウン管テレビがついに、そのお勤めを終えました。昨日、新しいテレビが来たのでチェンジです。これは致し方ないこ と...と思っても、やはり現在のリサイクルの在り方や、電機製品の耐久力の短さを体感するとウムム...。昔は10年は使えるといっていた製品も、あ れっ?という時に壊れるし。故障しても修理は型が古ければ古いほど、時の流れにはついていけず、少しコストはかかっても修理可能か、否かで捨ててしまう か...の選択だけです。そう、実際、8mmのコンパチビデオデッキを修理に出そうと修理店に持って行ってたら、いずれかと言われました。修理の見積もり もしてくれません。それに直らない方の確率の方が高いと念を押されました....うにゃぁー!

だけ ど、そこで諦めるわけには....いかない。だって、ウムム...子どもが幼い頃に8mmビデオで録っていたソフトが山ほどあって、それをDVDに焼いて 来てはいるのですが、なにせ時間がかかる...まだ、DVDに焼いたのが半分くらいかな。その間にハードが壊れて...焦ること....焦ること...な んとかずっと製品のケアをしてくれるシステムがあると捨てなくていいのに...もったいない。右側のVHSは健全に動くので使えるしね。左側の8mmだけ なのに....

まぁ、なんとか、もう一台、8mmビデオウォークマンを持っていたので、それでダビングしようということになりそうですが、いやぁ、メデイアの移り変わりが早過ぎてついていけません。10年断てば相当、ハードが様変わりしてしまいますよね。

... と、いうことでプラズマテレビがやって来て、ブラウン管は去っていったのですが...なんか淋しいなぁ...確かにブラウン管は厚みがあって威圧感がある けど、ハードががらりと変わるときにある喪失感...ありました。なんだか、持って行かれるときは悲しかった。アナログのレコードからCDになる時もそう だったけど、ほんと、昭和が消えていくぅうううって感じがします。

去って行ったブラン感TVを思わずパチリ...昨夜はキュッキュッと隅々までよく拭いてお掃除しました。ありがとね。これ、この型、二台目なんですよ。なので思い入れも大きいかなぁ。でも壊れやすいということか.....



ひゃぁー!
あぁ、でも、ほんと後ろがぶ厚い...ブラウン管。



そんな訳で、ニューテレビをセッティング後、昨夜、観た映画がサイコーに素晴らしい映画だったので、嬉しかった!
だけど!この映画、今、新作でお店に出ているけど、なにせ、邦題が悪い...わっ悪すぎる...
「僕らのミライへ額回転」...うーん。
観た後に思いましたけど、とにかくこの邦題はない!

原 題は「BEKIND REWIND」ジャック・ブラック主演で、なんともジャケットもお間抜けな感じなので、おとぼけ三の線ムービーかと思いきや!...実に、実にしっかりと したストーリーの映画でした。私は最後、笑いながらも泣いて、拍手してピューピュー言ってるみたいな感じになりましたよ。素晴らしいエンディングもほんと ピューピューでした!

内容をお話しするとこれから見られる方がつまらないと思うので、詳しくはいいませんが、きっと明らかに映画をこよなく愛している人が作った映画ですね。監督は「エターナル・サンシャイン」のミシェル・ゴンドリー。この映画もとても好きな映画でした。

今、 不況で社会が不安で、あまり希望感のない状況ですが、こうゆう映画を作ってくれると、やっぱり人が人と助け合うことの大切さ、そして、逆境にもめげずに未 来を信じようとする心や、胸が熱くなることって何?そして、その胸にカァーっと熱いものが込み上げてくるのって、すっごく大切!と改めて思います。

こ の映画は、映画的にも過去の映画をたぁーくさん観ている人たちへのストーリーだし、ところどころに過去のいろぉーんな映画のパロディー的な場面がモチーフ で出てきますが、まぁ、知っていれば、あぁ!と思えて笑えるし、ちょっとしか知らなくても、あぁ、この映画知ってる!というところで繋がるから面白いか も。

おっとっと、いけない、いけない...
これ以上語ると語り出しちゃうので...

なにかご縁あれば、この映画を観て、笑って泣いて心を熱くしてみてくださいね!
さぁ、もうすぐチャリティーライブ。
曲目も決まりましたよ。

DVDのお知らせは、今日、明日、あさってには、なんとかお伝えしたい!...ん、ですが...
もう少し、お待ちを!

まずは目の前のライブ、頑張ります。
映画で心が温まりました。元気も出ました。
このエナジーをお返しせねば!YEAH!



JILL'S SALON:DVDリリースCALL|
皆さん!
1991年の「PRECIOUS TOUR」のDVD化リリースへの熱きお願いコール...
ほんとーに、ありがとうございます。

皆さんのエールに思わず読んでいて涙が流れました。
だって、ほんとうに心こもるメッセージだったんですもの...
ありがとう!その当時の思い入れを深く感じます。

そして昨日の朝、携帯メールを見ると、横田嬢...通称よこちんから早速メールが....「持ってますよ、そのビデオ!」わぁー見せてぇー!うちに来ない?ということになり、やって来ました。横田嬢。

はい、乾杯用の金箔入りシャンパン!
ジムの井上先生から頂いたもの。
ついに開封!
彼女は写真NGなのでシャンパン写真でね


ゴールドリーフというシャンパン。



金箔見えますか?



その後はHEART OF GOLD的なワインを...
ふたりで「PRECIOUS TOUR」の放映されたビデオを見ながら飲みました。飲みました...


横田嬢は、ほぉーんとに、このTOURのことを懐かしく語っておりました。
当時はベースと私担当。
資料用に録ってあるビデオはすべて収録されてるけどアンコールのところではそれぞれのローディーを紹介する場面があって初々しい。
「僕のベースを担当してくれている横田典子さん!」渡邉くん。そして「ギターは椎山です!」と本田くん。「僕のドラム、すべてまかせてます。旗本しゅういち!」と藤田くん。

それぞれメンバーがご紹介。かなり私のMCもよかったので、もしもDVD化されたら放映では見れなかったシーンをたくさん入れて欲しいですね!頼みます!テイチク真田さん!



横田嬢とは、その後、いろーんな話しをして真夜中に...
SPECIAL SPARKLIN' HEARTのハートのミラーペンダントがツアー中になくなった話しが出たり...それが翌日のステージで私の衣装に(当時の針金バリバリ近未来的な衣装 に)そのペンダントが絡まっていたのを本番中に見つけたこと....急いで取り外したこと....

懐かしいなぁ....と幾ら話して時間が足りないくらいでした。この間も書きましたけど、ツアー中に書いていた大学ノートを見たりしてね。そこに書いてあった言葉が忘れられないと横田嬢は言ってました。

初めて彼女が仕事をした1990年1月8日の岡山でのライブの日記に...

「今日からスタッフに女性が加わりました!横田典子さんというとてもしっかりしたスタッフ志望の背の高い女の子です。JILLちゃんはとてもうれしー!ツアーはキツイけど、がんばって早く楽しみをみいだしてほしいです!」
と...この楽しみを見いだして..ということばが忘れられないらしいです。

今は彼女はスタッフではないけれど、いつも支えてくれる大切な友だちになりました。またいつか一緒にツアー回りたいね!

女ふたりの宴は真夜中3時まで...最後はリアクションを聴いて、ヤスのことをたくさん話して彼を偲びました。


JILL'S SALON:LIVE DVDの進行状況!
はーい。皆さん、首を長くしてお待ち下さっていると思いますが...O-EASTで収録したLIVE DVDの制作の進行状況のご報告です。

昨日、山田監督が来宅。ライブ映像の編集の大まかなラフを見させて頂きました。わーい!!素敵!これは仕上がりが楽しみです。

い ろいろアイディアあるので、もう少し編集に時間がかかりますが、4月下旬リリースを目標に動いています。もちろんPtoP先行販売も予定しています。これ は4月5日のチャリティーライブの直後には行う予定です。月末までにはお知らせできるように準備しております!まだまだ詳細は申せませんが、あまりに演奏 がいいんでCDも付けますぞ!それに豪華おまけ付き!あぁ、まだ言えないぃいい。でも言いたいぃいいい!



はい。サービス。左には山田監督。右には渡邉くん、このように...3月1日の打ち上げ風景もシューティングしてまーす!
あっ、PtoPマガジンも進行中。メンバーへのアンケート回収が時間かかるので、しばし待っててくださいねぇ!

夏の夜...
東京は暑い!毎日熱帯夜ですぅ。
わかっちゃいるけどエアコンをギンギンにつけちゃいますねぇ。

夜な夜な寝苦しい中、このところ毎夜DVD三昧
それもやっぱ娘の影響で市原隼人くん主演作ばかり...

まず「あいくるしい」これは連ドラだったんだけど
原田美枝子ちゃんが出演していて、こりゃいい!と思って見始めたら
はまりました。
美枝子ちゃんにもメールしたら、あれは脚本が良かった!特に私は第5話が
好きです...いうことでワクワクしながら見てました。

思わぬ展開があったり兄弟姉妹、そして親子、家族、小学生の友情とか...
もちろん涙する箇所もたくさん。
特に母としては泣いちゃうぞ!というドラマでした。
昨日は6話以降一気に3話分見て最終回までいっちゃいました。
DVDだとCMないからいいよねぇ!

その後は「虹の女神」これも、あぁーこんな感情ってあったなぁと
思わず懐かしんじゃうような...ちょっとせつない恋愛もので...
最後は娘と泣いて見ちゃいました。
娘は10歳、まだ恋愛物はわからないかなぁと思ったらちゃんと泣いてた。
ほほぅ...親としてはなんか嬉しいもんです。

友情と愛情の間で、好きと思っていても
それ以上のふたりにはなかなか慣れずに
そのまま離ればなれに...というストーリー。

とくに市原隼人演じる彼は恋する体質...
可愛い子をみるとすぐ恋しちゃう。
フワフワしてて大学を卒業しても
フリーターでフラフラ。
上野樹里演じる彼女は大学の同好会で映画を作って
好きなことがはっきりしているハンサムガールタイプ。
でも内面はすごくナイーブで可愛いのよね。
だから、すごく彼が好きになっちゃうのに全然言えないわけ。
そんな性格だから、逆に彼に頼まれれば恋の手助けをしちゃうわけ。

男女意識せずに仲間として一緒に過ごしたふたりが
ほんとはそれ以上の感情があるのに
なんだか心がすれ違って成就しない感じ。
この物語は大学生時代から始まるけど
まぁ〜私にしてみれば
バンド初期にあったかもしれない
懐かしい胸キュン時代ねぇ。

久々にこんな感情を感じたなぁ。
ほら、あるでしょ?
恋したときに胸がキュイーンってする感じ。
あれ!あれ!
女の子ならわかるよね。

映画がストーリーの中でもキーワードになってて、なかなか面白かった。
でも音声バランスが悪くてねぇ。
音楽が入るところと会話の音量差が激しくて、ムムム..でした。

結構日本映画には多いよねぇ。
渡邉くんとも話すけど「音」に敏感な職業なので
映画も音が悪いと一気にマイナスポイント増えちゃいます。

まぁ、夏の夜....
時間を気にせずDVD見れるなんて幸せ!
昨夜、お子ちゃまも寝て窓から空を眺めたら
まぁ、綺麗なお月様!

もんやりとした空気だったけどね...

今日は終戦の日...
いろいろ考えさせるね。
夏は広島、長崎の原爆追悼もあって
いつも近所の教会で追悼の鐘が鳴ります。

...うん、考えさせられるね。
ささやかだけど...幸せってものを...
大切にしたいね。
FIGHT!な映画
「ミリオンダラーベイビー」「ガールファイト」2本見ました。
すんごく面白かった。いずれもボクシングする女性のお話。
ミリオンダラーはクリント・イーストウッドの映画で役者さんが素晴らしい。
クリント・イーストウッドもそうだけどモーガン・フリーマンの円熟した演技...
トレーナーの重みのある言葉。
とにかくこの映画はヒロインを支えるキャスト陣に涙しました。
これはいい映画なので是非見てね!
ガールファイトもいいよぉ。青春ぽかったけど。
ミッシェル・ロドリゲス...睨むお目々が強力な眼力の女優さん。
いずれもボクシングのスタイルを演技できるまで
3ヶ月から5ヶ月トレーニングしたとのこと。
燃えましたぁ。やる気出たぞー!
あ、それと、野音、ギター弾くかもぉー???それもみーんなで?
可愛いギターを提供してくださるかもぉ...????フフフ...
それも考えればかなり強靱なガールズファイト!
見たいでしょ?